WordPress プラグインリスト


WordPressプラグインで、導入すべきもの、あると便利なものなどを紹介。

優先順位別(著者の考えで)に記載しています。

0.既に入っていて、使いたいWordPressプラグイン

  • WP Multibyte Patch
    • 本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグイン。

1.導入後に入れるべきWordPressプラグイン

  • All In One SEO Pack
    • 総合的にSEOを行う際に便利な設定ツール。
  • Google XML Sitemaps
    • Sitemap.xmlの生成に関連した便利な設定ツール。
  • Redirection
    • 301転送を容易に実現するツール。
  • WassUp Real Time Analytics
    • リアルタイムアクセス解析が容易にできるツール。ただしデータベースの容量を使う。
  • Search Meter
    • サイト内検索のログを残すツール。

 2.導入後に入れておきたいWordPressプラグイン

  • Acunetix WP Security
    • セキュリティツール。
  • AntiVirus
    • セキュリティツール。
  • SiteGuard WP Plugin
    • ログインまわりのセキュリティツール。
  • Breadcrumb NavXT
    • パンくずリンク設置ツール。
  • SEO Friendly Images
    • 画像に自動的にaltやtitle属性を追加するツール。
  • WP SiteManager
    • 総合的なサイトマネージャー。パンくずやメタタグ、デバイス判定等を行うことができる。
  • Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)
    • 関連記事を自動的に選定し、表示してくれるツール。

3.他サイトとの連携に必要なWordPressプラグイン

  •  WordTwit Twitter Plugin
    • ツイッター(Twitter)との連携プラグイン。
  • WP Social Bookmarking Light
    • 自動的にソーシャル(SNS)系ボタンを設置するツール。

4.あると便利なWordPressプラグイン(1)

  • Contact Form 7
    • お問合せフォームを自動生成するツール。
  •  WP To Top
    • ページトップに戻るボタンを自動表示するプラグイン。
  • TinyMCE Advanced
    • 編集画面のツールバーを多機能にする(機能を追加する)プラグイン。

5.あると便利なWordPressプラグイン(2)

  • Browser Shots
    • 自動的にページのスクリーンショットをとることができるツール。
  • WP External Links
    • 外部へのリンクにマークを付けることができるプラグイン。
  • Lightbox Plus ColorBox
    • 画像ギャラリーで、簡単にライトボックスを設置できるプラグイン。
  • Responsive Image Maps
    • クリッカブルマップを使った場合に、自動的にレスポンシブル対応するためのプラグイン。

詳細はリンク先の記事をご参照ください。(随時執筆予定)