SEO対策とは(導入)


SEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことを言います。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、あるキーワードで検索したときに、検索順位上位に自分のサイトを上げることを指すことが多いです。

検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に、表示順位が下の方だと、なかなか一般ユーザーに閲覧されず、自分のWebサイトを見てもらえないことになります。表示順位が上位であればあるほど、閲覧される可能性・確率は上がってきます。

そのため、SEO対策と呼ばれる様々な方法を用いることで、自分のWebサイトの露出を高めるというわけです。検索表示で上位にランクインすることで、自分のWebサイトを見てもらえる可能性を高め、ブランディングしたり、お問い合わせを増やしたり、商品の販売を進めたりすることが期待できます。

もちろん、表示順位が上位であっても、ユーザーが検索しないキーワードではあまり意味がありません。実際に検索されるキーワードで対策を行わなければ意味がありません。そして、閲覧者のアクションにつながるサイト作成・構成・導線設計も必要です。

この辺りはまたの機会に書いてみたいと思います。

検索エンジンのアルゴリズム

検索エンジンは、検索順位を決定するアルゴリズムをもっており、それは時々変更もされます。

そのため、SEOを実施する際は、細心の注意が必要です。なぜならそのアルゴリズムが変わることで、対策結果に影響が出ることがあるからです。結果、SEOに失敗すると、検索エンジンの表示順位が上がらないばかりでなく、逆に悪化する可能性もあります。

ですから、本格的にSEOを行う際は、アルゴリズムの変動にも注意しなければなりません。

検索エンジンのアルゴリズムの変化に対応しつつ、SEO対策を実施する必要があります。ですから、自己流で進めようとするよりも、信頼できるSEO業者に任せた方が良い時があります。

しかし、依頼したままで何もしないのではなく、常にWebサイトの更新やチェックも必要です。なぜなら、SEOで最も効果が高い方法は、コンテンツの充実化・更新であるためです。

一時、大量のリンクファームと呼ばれるリンク集への登録で順位が向上するケースがありましたが、アルゴリズムの変更に伴い、このような対策は、効果が出ないばかりか、リンクスパムと呼ばれるペナルティ対象になりつつあります。

Webサイトを作成する場合、あくまで人間の目で確認し、有用なコンテンツを含ンでいると判断されるページを作っていく必要があります。

検索エンジンとSEO

Googleなどの検索エンジンは、小手先のSEO対策を嫌いますが、堅実でまっとうなSEO対策は逆に推奨しています。なぜなら、検索エンジンの性能を向上させなければ、「使えない検索エンジン」になってしまい、検索エンジンのユーザーに離れられてしまうためです。より良いコンテンツを含むWebサイトを上位に表示させる必要があります。そうすることで検索エンジンの評価もあがります。つまり検索エンジンとSEO業者やSEOを実施するWebサイトオーナーは、Win-Winの関係であるべきなのです。そういうこともあり、GoogleはSEO対策に関わるセミナー・講演を開くこともあります。

SEOを実施するにあたり、どのような点を意識すればよいのか、また注意点は何か、次回以降書いていきたいと思います。

このブログでは、SEOや逆SEOに関連する情報をメモしていきます。皆様のお役にたてる情報を掲載できればと思います。