Google AnalyticsとGoogleウェブマスターツールの連携


Google AnalyticsGoogleウェブマスターツールは、連携させておくと、

「検索エンジン対策最適化」の項目が使えるなどして便利です。

その設定方法を簡単にご紹介します。

 

1.Google AnalyticsとGoogleウェブマスターツールのアカウントを発行しておく。

注意点は、管理者権限をもつアカウントで、同じメールアドレス(アカウント)で作成することです。

2.サイトを登録する、など。

この辺は他の紹介記事を参考にしてください。時間ができたら追記するかも。

3.Google Analyticsからウェブマスターツールを連携させる。

ここから本題です。

3-1. Google Analyticsにログインします。

3-2. アナリティクス設定をクリック

アナリティクス設定

3-3. アカウントおよびプロパティを設定

管理したいアカウントやプロパティが複数ある場合は、これらを設定します。

アカウント・プロパティを設定

3-4. プロパティの中の「プロパティ設定」をクリック

プロパティ設定

3-5. 下の方にある「ウェブマスター ツールの設定」で、「編集」をクリック。

新しいウェインドウが開きます。

下記キャプチャでは、わたしのサイトのドメイン名が既に出ていますが、連携がまだできていないときは、「none」と出ると思います。

ウェブマスターツールの設定

3-6. ウェブマスターツールが開き、「Google アナリティクスでウェブマスターツールのデータを使用する」のページに。

ここで、すでに追加しているドメインとサイト名が表示されていると思いますので、

該当のドメインを選択し、保存します。

GAとWMTの連携設定画面

3-7.  Google Analyticsに戻る。

該当のプロパティのレポートを表示し、
集客→検索エンジン最適化→検索クエリをクリックするなどして、データが加えられていることを確認します。

検索クエリ

これで、連携設定は終了です。