WordPress×Contact Form 7のお問い合わせフォームで、Google Analyticsのイベント計測を行う方法


SEOや逆SEOでは、検索エンジン対策の一環でアクセス解析が必須です。
そのアクセス解析で最もポピュラーに用いられているのが、Google Analyticsです。

Google Analyticsを使うことで、様々な計測が可能なわけですが、特にコンバージョンを見ることも可能です。

SEOや逆SEOをしている方がよく用いるCMSのWordPressですが、お問い合わせフォームを簡単に作ることができるプラグインのContact Form 7があります。

しかし、お問い合わせフォームのコンバージョンを計測するのに、Google Analyticsとの連携が良くわからず、苦戦しました。

試行錯誤の後、できるようになったのでレポートします。

WordPress×Contact Form 7×Google Analyticsでメール送信者数をカウントし、コンバージョンを計測する方法

WordPress×Contact Form 7×Google Analyticsでメール送信者数をカウントし、コンバージョンを計測する方法
WordPressのContact Form 7で送信ボタンのクリックイベントをカウントする方法

1.必要なタグ

ボタンのクリックを読み込むためのタグの基本形は、下記。

on_sent_ok: "ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 1);"

※ラベルと値は省略可能。

なので、たとえば、
on_sent_ok: "ga('send', 'event', 'Contact Form', 'submit', 'お問い合わせフォーム送信', 1);"

のようにして準備。

2.WordPressのContact Form 7の設定

一番下の「その他の設定」に、改行しないよう注意しながら、先ほどのコードをコピペ。

※本当ならソースを直接いじって、<input>タグに追加したいところですが、
Contact Form 7の場合はここに入力することで代用できる。

3.Google Analyticsの設定

※自分でテストするので、もし自分のIPを除外している場合は注意。
テスト用のプロファイル(ビュー)を作成しておき、IPの除外をしていないものでテスト。

「アナリティクス設定」→編集する(テストする)プロファイル(ビュー)の「目標」を選択。

「新しい目標」をクリックし、「目標の説明」を記入。目標タイプは「イベント」。

目標の詳細で、イベント条件を記載し、保存。

例)
カテゴリ:等しい、Contact Form
アクション:等しい、submit
ラベル:等しい、お問い合わせフォーム送信
値:等しい、1

4.テスト

本来、Google Analyticsはすぐには反映されないが、リアルタイム計測を使えばOK。

Google Analyticsのレポートを開き、リアルタイム→イベントを確認しておく。

そして、実際にお問い合わせフォームからテストメールを送ってみる。
この際、WordPressにログインしていると設定によっては計測されないこともあるので、
ログアウトしておく。

すると、Google Analyticsにて、イベントが検出される。

※送信ボタンを押しても送信ができない場合(必須項目が未チェックなど)、計測されない。ちゃんと送信されると計測される。

Google Analyticsで、WordPressのContact Form 7プラグインのイベントを検知する方法。
Google Analyticsで、WordPressのContact Form 7プラグインのイベントを検知する方法。

5.あとは実際にお問い合わせを待つのみです。

これで、コンバージョンが簡単に計測できます。

 

このブログでは、SEOや逆SEOに役立つその他の情報も混ぜて書いていきます。

久しぶりのブログ執筆でした。